View more

Blog

UI/UXとは?それぞれの違いや重要なポイントまでご紹介します!

UI/UXとは?それぞれの違いや重要なポイントまでご紹介します!
UI/UXとは?それぞれの違いや重要なポイントまでご紹介します!

フォーカスしたいもの

UIとUXを考えることは、Webサイトやアプリケーションの目標や成果の向上ためには必要不可欠のものです。

しかし、正しくUIおよびUXのことを知らないと、想定していた結果を出せないことも十分に考えられます。

本記事では、UIとUXの意味や違い、関係性、重要なポイントなどを解説していき、最後にはUI/UXデザインの優れているWebサイトやサービスの事例を紹介いたします。

Webサイトやアプリケーションの設計のヒントになれば幸いです。

UI/UXとは?それぞれの言葉の意味や違いを解説

UI(ユーザーインターフェース)は、ユーザーが製品(プロダクト)やサービスとの接点となる全てのものを指す言葉です。

対してUX(ユーザーエクスペリエンス)は、ユーザーが製品(プロダクト)やサービスを通して得られる体験のことを指します。

UIとUXは同じ単語であるかのように語られることが多く、人によっては正しく理解していないケースもあります。

UIとUXに関してひとつずつ解説していきます。

 

UI(ユーザーインターフェース)とは

UI(ユーザーインターフェース)とは、製品やサービスとユーザーとの接点を指す言葉です。

WebサイトやアプリケーションにおけるUIの例を挙げるなら、サイトのデザインやレイアウトなど、ユーザーの目に触れる情報の全てがUIといえます。

また、Webサイト上の情報だけでなく、PCやスマートフォンなどのデバイス本体の外観などもUIに含まれます。

Webサイト・アプリケーションにおける優れたUIの一例

  • 閲覧ユーザーが迷うことなくメニューボタンやフォームボタンを発見できる
  • テキストリンクの位置や色、装飾などが閲覧ユーザーにとって違和感がない
  • TOPページに戻ることができるボタンの認識が容易
  • 入力フォームなどに入力補助機能がついている
  • 見やすいフォント、デザインになっている

 

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは、ユーザーが製品やサービスなどを利用して得られる体験を表す言葉で、日本語では「顧客体験」と訳されます。

「デザインがきれい」「操作方法が直感的に分かった」「接客対応がよかった」「他の製品より使いやすかった」といった表面的なことや、サービスの質に関わること全てがUXとされています。

Webサイト・アプリケーションにおける優れたUXの一例

  • 閲覧ユーザーの関心を増幅させるグラフィック・写真
  • Webサイト、アプリケーションの導線が分かりやすい
  • 読み込み速度が速い
  • 入力フォームなどでの手順がスムーズ

 

UIとUXの違いとは

UIとUXの違い、互いの関係性を詳しく解説します。

UXは、ユーザーが製品やサービスを利用して得た全てを顧客体験といいます。

UIはユーザーと製品やサービスとの接点です。

上記のことから、UIは顧客体験の中に該当するため、UIはUXの一部ということになります。

UIとUXの解説の際に用いた具体例を使ってみると、UIがUXの一部であることがよく理解できるでしょう。

例1.

UI

  • 閲覧ユーザーが迷うことなくメニューボタンやフォームボタンを発見できる
  • TOPページに戻ることができるボタンの認識が容易


UX

  • Webサイト、アプリケーションの導線が分かりやすい

 

例2.

UI

  • テキストリンクの位置や色、装飾などが閲覧ユーザーにとって違和感がない
  • 見やすいフォント、デザインになっている
  • 入力フォームなどでの手順がスムーズ


UX

  • 入力フォームなどでの手順がスムーズ

 

この2つの例でも分かるように、UIはUXを作り出す要素のひとつなのです。

どれだけUIが優れているWebサイトやアプリを開発したとしても、それだけでUXが向上するわけではありません。

製品やサービス全体において、ユーザーの使いやすさや使い心地などを考慮していなければ、UXの品質が損なわれてしまうことになります。

製品およびサービスを成功させるためには、まず顧客ニーズを理解したUXデザインを行う必要があり、更にはUXを向上させるようなUIデザインも構築する必要があるのです。

UI/UXの関係について

前述の通り、UIとUXは混同されやすい言葉ですが、両者の意味や目的は異なります。

しかし、異なる意味ではありつつも、優れたUIは優れたUXにも繋がるという関係性ではあります。

たとえば、Webサイトやアプリケーション内のボタンが押しにくい・フォントサイズが小さすぎて見えにくいと、ユーザーにとって「印象のよくない」「気持ちの悪い」体験となり、Webサイトやアプリケーションからの離脱率が上がってしまうということに繋がります。

UIは製品およびサービスとユーザーを繋ぐ接点であることから、ユーザーにとって使いやすいWebデザインにすることで、UXに繋がる関係性といえます。

 

また、製品およびサービスを提供する立場として、優れたUXを提供する前段階として、優れたUIの提供は必須です。

しかし、UIが優れているからといって、必ずしもユーザーが「優れたUX」として感じるとは限りません。

ユーザーに対して「どんな感情をもってもらいたいのか」を考え、分析し実践することがとても重要です。

UI/UXをデザインするポイント

UXのデザインは、UIを通してユーザーが得られる体験をデザインするということです。

一般的な「デザイン」という概念以上に、俯瞰した目線や顧客体験を意識したスキルが必要となります。

優れたUI/UXデザインを作り出すために効果的な、以下の6つのポイントをご紹介します。

 

ユーザー目線での開発

「デザインはきれいなんだけど…」「欲しい情報がどこにあるのか分からない」「機能や情報は沢山あるけど、使いにくい」「HPがリニューアルされたけど、分かりにくい」という声を聞いたことがあったり、自身でもそう感じる場面に直面したりしたことがあるのではないでしょうか。

 

UI/UXのデザインを設計する際に最も重要視しなければいけないのは「ユーザー目線」です。

 

よくある間違いが、開発者にとって都合がよく、作りやすいデザインになってしまうケースがあげられます。自己表現を追求し、自分が作ってみたいと思う斬新なデザインや機能を導入してしまうというUI/UXを考えられていない状態です。ユーザーにストレスを感じさせてしまうUI/UXデザインは、ただの問題点にしかなりません。

ターゲットとなるユーザーの分析をする

優れたUI/UXデザインを設計するために必要なのが、「どんなユーザーが」「どんな目的で使うのか」を把握することから始めなければなりません。

そこで重要なのが「ペルソナ」を設定することです。

ペルソナとは、製品やサービスを利用するターゲットとなるユーザーイメージのこと。

若者向けと中高年向け、20代女性向けと40代女性向けでは、好まれるデザインや求められる機能は異なります。

また、同じジャンルの製品・サービスであったとしても、「初心者が欲しいと思っている情報」と「中・上級者が求めている情報」では、質もボリュームも変わってくることでしょう。

年齢や性別などの属性をできるだけ詳細に設定し、ペルソナとして設定した想定ユーザーが求めている内容・情報とズレが生じないようにUI/UXをデザインしなければなりません。

 

また、ペルソナの設定とはアプローチが違いますが、ユーザーが求めていることを理解・把握する手法として、「ユーザーテスト」というものがあります。

自社の製品やサービス、Webサイト・アプリケーションなどを、想定しているターゲット層のユーザーに使ってもらい、その様子を観察し分析することで、新たな課題や問題点を見つけられるものです。

ターゲットの分析やペルソナ設定はとても重要な施策のひとつなのです。

UI/UXデザインの目的を明確にする

UI/UXデザインを設計する目的をハッキリとさせておきましょう。

自社製品やサービス、Webサイト・アプリケーションは「どんな人に向け」「何のために存在しているのか」、その明確な目的によって、UI/UXデザインの方向性が決まっていきます。

製品やサービスを作る側が主役なのではなく、利用してくれるユーザーが主役です。開発側の都合で設計しないように注意しましょう。

また、ゴール(目標)を設定することも重要です。

「Webサイトの訪問者や閲覧数を増やす」「製品やサービスの売上を向上させる」など、ゴールはそれぞれ違うでしょう。目的とゴールをハッキリとさせることで、最終的なUI/UXデザインも輪郭が見えてくるはずです。

競合サービスとの比較をおこなう

自社と競合している製品やサービス、Webサイト・アプリケーションと比較することで、自社のUI/UXデザインの方向性や問題点が見えてくる場合があります。

視認性や操作性に課題があるのか、自社と他社のもので体験に違いがあるのかなどを比較してみましょう。

競合他社と正しく比較することで、思いもよらない問題点やUI/UXデザインにおける課題が見つけられる可能性が増えます。

競合サービスより優れたUI/UXデザインにするにはどうすればよいのかを考えていけば、具体的かつ優れた改善策が浮かび上がってくるでしょう。

UIは機能性に注目

UI/UXデザインを改善していく場合、UIとUXをハッキリと区別して考えることが重要です。

UIは、製品やサービスの機能性を向上させ、ユーザーにとって使い勝手のよいものを追求しましょう。

Webサイトやアプリケーションであれば、テキストの行間やフォントサイズ、ボタンの配置、メニューの場所などが影響するポイントです。

UXはターゲットを理解する必要がある

一方で、UXの改善に関しては、想定しているターゲットを理解することが必要です。

UXは、機能性や操作性も必要ですが、それ以上に色やデザインなど個人の好みに左右される傾向があります。

UXの改善を行うためには、想定しているターゲットを明確にし、その属性をしっかりと理解する必要があります。年齢や性別、ライフスタイルなどの属性をしっかりと絞り、好みを明確にしたうえでUXを改善しましょう。

Webサイトで最もUI/UXデザインが重要な場所やページ

ここからはWebサイトに絞り、重要な具体的なポイントを解説していきます。

WebサイトのUI/UX設計を重要とする理由として、「ユーザーが求めている情報が見つけやすい状態であるか」などが挙げられますが、UI/UX設計はSEOにも影響することが判明しています。

Googleは「より有益な情報が提供されているか」という観点でサイトを評価する傾向があります。

滞在時間が短い、離脱率が高いサイトは、Googleに「有益な情報が提供されていない」と評価される可能性があります。

その反面、UI/UX設計をしっかり行い、優良なWebサイトとして評価されればGoogleからの評価も自然と高まっていくでしょう。

では、セクション・ページごとのポイントを見ていきましょう。

 

Webサイトのデザイン

Webサイト全体のデザインです。

Webサイト全てのページの見やすさや統一感、Webページの使いやすさに気をつける必要があります。

 

見やすさと考えると、以下のポイントが考えられます。

 

  • テキスト文だけのページになっていないか
  • 読者が飽きないようにイラストや画像を適度に使っているか
  • 見出しは見やすく整っているか
  • 読者目線での文字サイズや罫線の使用ができているか

 

使いやすさという点で考えると、

 

  • 目次が設置してあるか
  • 「TOPページに戻る」ボタンが目につく場所にあるか
  • ナビゲーションエリアやフッターメニューが設置してあるか

 

などのポイントが挙げられます。

ユーザーが知りたい情報や見たいコンテンツにスムーズに到達できるように、Webサイト全体の設計を考える必要があるのです。

コンバージョンエリア(CTA)

コンバージョンエリアは、Webサイトに訪れたユーザーに取ってもらいたい行動に誘導するエリアです。

そのため、ユーザーにどのように行動を促すのかが重要となります。

取ってもらいたい行動がフォームボタンのクリックだった場合、

 

  • ボタンの色を目立つものにする
  • ボタンを押してみたくなるようなデザインにする
  • ボタンを、読者の心理を考え要所に設置する

 

このような点を気にする必要があります。

入力フォーム(申込フォーム)

入力フォーム(申込フォーム)を改善することも、Webサイトの中でのコンバージョン率(CVR)を向上させるためには重要です。

入力フォームがユーザーにとって使いにくい不親切なものというだけで、製品やサービスだけでなく企業に対しての信頼度が下がってしまいます。

注意して確認しておくべき点として、

 

  • 入力箇所を最小限にする(選択で済むものは選択にするなど)
  • 必須項目は分かりやすいように目立たせる
  • 郵便番号を入力することで住所を自動で入力できるようする

 

これらを行うことで、ユーザーの煩わしさを減らし、最後まで入力してくれる人が増えていきます。

Notfoundページ

Webサイトを開こうとした時、「404 Not Found」と表示されたページを一度は見たことがあるのではないでしょうか。

これは、ページ自体が削除されていたり、URLが間違っていたりする際に表示される画面です。

このページも本来のWebサイトと一緒のページであることは間違いないので、他のページと同様のデザインに合わせておくことをオススメします。デザインを合わせることでユーザーの余計な混乱を防ぐ効果があります。

LP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)は、ユーザーが最初にアクセスするページのことをいいます。それ以外にも訪れたユーザーが購入や問い合わせなどを促すようなページでもあります。

またLPは基本的には縦長のレイアウトです。1ページに限定し、訪れたユーザーが迷うことなく知りたい情報を取得したり、購入したりしてもらうために、スムーズに行動できるように構成する必要があります。

縦長のレイアウトだからといって、様々な情報を集約させてしまうと、訪れたユーザーが興味を失って離脱してしまう恐れがあります。

できるだけ文字数を減らし、必要最低限の情報を掲載することが重要です。また、Webページ内に「問い合わせフォーム」や「購入する」といったボタンを要所で設置しておくことも、離脱率を抑えることに繋がります。

採用サイト

採用サイトで最も重要なのは、求職者が求めている情報の提供と、求職者が求めているコンセプトデザインを意識することです。

会社が求めている人物像ではない求職者からの応募が増加しても、無駄なコストが発生するだけになってしまいます。

自社が求めているターゲットからの応募が増えるようなコンテンツを配置することが重要です。

ECサイト

ECサイトで大事なポイントは、このWebサイト上で興味をもってもらい、購入してもらわなければいけないということです。

導線も含めユーザーにとって分かりやすいサイト設計が重要となります。

「多くの機能があれば便利になる」というわけではなく、見やすさや使いやすさが必要です。

商品購入というゴールまでの導線をシンプルで分かりやすいものにし、使いやすいECサイトにしていきましょう。

ナビゲーションエリア

ナビゲーションエリアとは、Webサイトの中から目的のページを探すためのきっかけとなる内部リンク付きのボタンやボタンエリアのことを指します。

ナビゲーションがWebサイト上にあることで、ユーザーはいち早く自身が求めている情報に辿り着くことができます。

UXの観点で見ると、ナビゲーションのグループ設定がシンプルであればあるほど、高い評価が期待できます。

ナビゲーションエリアがあることで、ユーザーは余計な時間を割くことが減り、操作のしやすい・情報にすぐに辿り着けるWebサイトになるのです。

UI/UXデザインの優れているWebサイトおよびサービス事例

ここからは、身近に存在するUI/UXが優れているWebサイトの事例をご紹介します。

身近に存在するWebサイトやサービスなどを改めて確認すると、有効な施策を行っていることがあります。視点を変えて見てみることで面白い発見があり、勉強にもなるでしょう。

 

カメラのキタムラ

新品のカメラ本体・レンズ、中古のカメラ・レンズを筆頭に、カメラアクセサリーや家電まで取り揃えているECサイトです。

カメラのキタムラは、オンライン上での買い物だけでなく実店舗に商品を取り寄せて実物を確認することも可能です。

欲しいカメラ・レンズの新品・中古どちらも取り扱っており、ユーザーのニーズに寄り添った多くの選択肢を提供しているECサイトです。

買取りや下取りなどもサービスとして提供しており、かなり高い水準のUXを実現しています。

https://shop.kitamura.jp/

スターバックスコーヒー

「スターバックスコーヒー」では「3rd Place(第三の場所)」というコンセプトを掲げています。これは自宅・職場の次にあるもう一つの居場所を意味しており、日常では味わうことのできない新しい体験を提供しています。

店内では利用者が職場や自宅では味わうことのできない「特別な時間」を提供可能で、従来のカフェや喫茶店と違った空間を提供しており、解放感とゆとりのある店舗設計がされています。

一般的なカフェ以上のこだわりとして、コーヒーカップや接客対応、コーヒーグッズなどの販売まで手の込んだ設計がなされています。

https://www.starbucks.co.jp/

Google

「Google」は世界最大の検索エンジンをはじめ、WebブラウザやYouTube、スマートフォンなど幅広いサービスを提供している企業です。Googleのサービスを利用していない人は、なかなかいないのではないでしょうか。

検索サイトのGoogleは、検索ウィンドウとGoogleのロゴだけのシンプルなデザインとなっており、ユーザーが求めているものだけを提供している究極のUI(ユーザーインターフェース)です。

https://www.google.com/

Amazon

今では誰もが存在を知る最大規模のECサイト「Amazon」。

Amazonのサイト設計の特徴は、ユーザーに寄り添った提案をしてくれるところです。ユーザーが一度買ったことのある商品や関連商品の提案などを行っています。

これは通常の商品だけでなく、PrimeVideoなどでも同様の提案が行われており、AmazonのECサイトの中ではとても満足度の高い顧客サービスを受けられるように設計されています。

また、商品のジャンルの違いによってWebサイトのレイアウトが変わることはほとんどなく、どのページにいてもユーザーがどうしたらよいのか迷うことがないようにデザインされています。

https://www.amazon.co.jp/

FABRIC TOKYO

オンライン上でオーダースーツのカスタムが行えるFABRIC TOKYOのWebサイトです。

採寸を実店舗で行っておくことで、オンライン上であってもサイズ間違いなどのないスーツ選びが可能となっています。

このWebサイトの特徴は、気になったスーツ生地などのサンプルを無料で送ってくれることです。スーツなどに限らず洋服の生地の色味や肌触りは、実際に見て触ってみないと分かりません。そんなユーザーの不安を解消するサービスを提供することで、満足度の高いスーツ選びを実現しています。

https://fabric-tokyo.com/

LINE

LINEはスマートフォンを活用している人ならば、ほとんどの方がアプリを導入しているのではないでしょうか。

また、LINEは利用する際の面倒な手続きが不要なため、ユーザー数が爆発的に増加したサービスです。

LINE特有のスタンプ機能などを直感的に送ることが可能で、リアルに近い会話のような環境を提供しています。

その他にも、ギフトを送ったりアンケートをしたりなど様々なサービス・コンテンツが揃っており、様々なことができるため、ユーザーの満足度は常に高い水準を維持しています。

https://line.me/ja/

任天堂

任天堂はゲーム会社の老舗であり、常に高い人気を誇るゲーム機やゲームソフトを世に出しています。日本のみならず世界規模で人気であり、家族で楽しむゲームから、1人でじっくり楽しめるゲームまで幅広いジャンルのソフトを提供しています。

ゲームからUI/UXを学ぶことができる部分が多く、特にニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)は子どもでも直感的に使えるようにUX設計されています。

https://www.nintendo.co.jp/

UI/UXまとめ

本記事ではUI(ユーザーインターフェース)とUX(ユーザーエクスペリエンス)の定義やUIとUXの違い、UIとUXの関係性や重要なポイントなどを解説してきました。

Webサイトやアプリケーションには、見た目の良さやインパクトを重視しているものも多くあります。しかし、本当にユーザーのことを考えたUI/UX設計になっておらず、実際に触ってみると「操作性が悪い」「知りたい情報になかなか行き着かない」といったことも少なくありません。

製品やサービスの満足度を向上させるには、ユーザーが快適に操作でき、必要な情報までストレスなく辿り着くようデザイン設計することが何より重要なのです。

Webサイトやアプリケーションを設計する際は、ユーザー目線でのUI/UX設計を行うことを心掛けましょう。