View more

Blog

サービスを一緒に「愛」で作っていく | 株式会社ジーユー

サービスを一緒に「愛」で作っていく | 株式会社ジーユー
株式会社ジーユーさまのオンラインストアついて、インタビューをさせていただきました。2013年から本格的にお付き合いが始まり、いままで両社で常にユーザーのことを想って、改修をつみ重ねてきた本件では、両社の出会いから、運用をしている今、そしてこれからについて、お話をお聞きしました。 今後売り上げの30%をオンラインストア上で売り上げたいと掲げるジーユーさんの目標に到達すべく、クライアント、制作の垣根を越えた「愛」の溢れるチームワークがそこにはありました!
サービスを一緒に「愛」で作っていく | 株式会社ジーユー

決め手は「愛」だった。DEPARTとの出会い。

決め手は「愛」だった。DEPARTとの出会い。

田中:

ジーユーさまとのお付き合いは、ちょうど3年前の2013年ごろからでしたが、本格的には、2015年2月からPC、スマートフォン、マルチデバイスに対応したオンラインストアの運用、改修のお話をいただいたところからでしたね。

 

ジーユー武部さま:

制作のご依頼をさせていただく際は、数社の方からご提案をいただきました。コンペ形式です。各社さんからご提案いただく中で、スケジュール、費用面、企画面様々な視点で検討させていただいたのですが、DEPARTさんにさせていただいたのは、一番「愛」を感じたからです。

 

村山:

愛ですか!

 

ジーユー武部さま:

言葉にするとちょっと恥ずかしい感じがするのですが、一番提案の中に「熱量」を感じられたといいますか…オンラインストアを作るというだけの目的ではなく、一緒にジーユーのオンラインストアという「サービス」を作っていこうとしてくれる姿勢を感じたというのが大きいかもしれません。

 

モチマス:

そんなことおっしゃってもらえるなんて…もう、今日という日がいい日になりました(笑)

 

ジーユー武部さま:

いえいえ!本当にそう思っていますよ!(笑)でも本当に、「想い」があるかということは、とても大切だと思います!数多くのユーザーの方に利用いただくオンラインストアを一緒に作っていく、そして限られた時間のなかで、いかに最大の結果を生み出していくかを考えていくとなると、強固なパートナーシップはとても重要だと私たちは考えています。 私たちがブランドに対して持っている「想い」と御社の「想い」が同じ温度感だというだけで、一つ一つの課題にしっかりと取り組めるのではないかと思ったんです。

 

村山:

そんな勿体無いお言葉…ありがとうございます!

 

よく「理解」すること、そしてそこからの「提案」の積み重ね

よく「理解」すること、そしてそこからの「提案」の積み重ね
村山:

お話をいただき、まずはサイトやサービスに対する理解を深めることから始めました。
サイトのなかに、どんなパターンの情報が掲載されるのか、要素の役割やトーンなどをすべて理解することから始めました。また独自に開発されたバックエンドシステムの理解を深めていくことでジーユーさんのほうで持たれている運用の負荷などを軽減できる方法がないかなどをユーザービリティの改善を考えながら並行して進めていきました。

 
ジーユー武部さま:

運用負荷の改善について、本当に助かりました。
いままで私たちのほうで、手打ちしなければいけなかったような品名や価格などの表記についても自動化を進めていただいたり…社内でもそういったことができると分からなかったところまで、調べていただきご提案をいただきました。

 
田中:

私たちも運用を進めながら、ナレッジがどんどん溜まっていったんです。そのなかで『これを使って自動化できるじゃん!』というような発見があって、自主提案させていただいたりした形ですね。やはりお客様のほうでも、入力などの事務的な業務で時間が取られてしまうことで、販売戦略などを考える時間が少なくなってしまったりするのは良くないですから、なるべくそういったクライアントの方々の業務を影ながら支えられるような提案もできたらと思って、お仕事をさせていただいています。

 
モチマス:

ジーユーさんのブランドについての考え方はもちろん、オンラインストアのトレンドやユーザービリティを考慮したサイトデザインも心がけていました。
また、ジーユーチームの方々と密に連携を取りながら、要素をどのように配置して、どのようなトーンで伝えるのが一番コンバージョンの結果が良いのか?をユーザーの動向をしっかりと見ながら、試行錯誤して制作をさせていただきましたね。
改修や新機能を一緒に作って、結果に結びついた時の喜びは本当に何事にも代えがたいものですよ!

そのなかで結果につながった「LOOKBOOK」機能

そのなかで結果につながった「LOOKBOOK」機能
ジーユー武部さま:

LOOKBOOKの機能改修についても、本当に良い結果に結びつきましたよね。

 
田中

ありがとうございます。そうですね、ジーユーさんの商品をコーディネート例とともに紹介させていただく機能ですよね。
もともと一部端末でしか見えなかった機能を、マルチデバイスに対応させていただいたり、カラーソート、フリーワード検索などのユーザービリティの向上を図ったり、更新負荷を軽減できたおかげで、その分更新頻度をあげられたことなど、要因は一つ一つの積み重ねの結果だとは思うのですが、コンバージョンにに結びつけられたのは嬉しかったです。

 
ジーユー武部さま:

在庫システムとの連携も考慮しながら、自動的に更新されることも助かりました。

 
モチマス

ありがとうございます。ジーユーさんがファッションブランドとしてトレンドを発信していく重要なコンテンツだと思いますので、今後もスピードを持って改良していけたらと思っています。

目標を共有しながら、突き進んでいく姿勢

ジーユー武部さま:

これから、私たちのオンラインストア事業は売り上げの30パーセントを目指して、さらに多くのユーザーの皆さんに愛用されるブランドを、そしてサイトを目指していかなくてはなりません。
そのなかでDEPARTさんにお願いする部分も大きいと思っています。

 
モチマス:

嬉しい限りです。私たちも一緒に目標を達成するチームの一員として、ジーユーの社員の皆さんやユーザーの方々の期待を超えられるようなアウトプットをスピード感をもって生み出していきたいですね。

 
村山:

スピードは大切だよね、あと気持ちも。ジーユーに対する「愛」もそうかもしれないですね。
うちのメンバー、本当にジーユーについてよーくチェックしていて、ジーユーさんに関連する記事とかみつけるとみんなでシェアして読んでいたり、根本の部分で持っていなきゃいけない『想う姿勢』は変わらず持ち続けたいですね。

 
田中:

アウトプットとスピード、そして気持ちでしっかりと返していきたいと思います。

 
ジーユー武部さま:

ありがとうございます!

まとめ

まとめ

共に目標と想いを共有する4名の方々の対談には、クライアントと制作という関係性ではなく、一緒の「チーム」という感覚が共有されているようでした。

デパート採用情報

株式会社デパートでは一緒に働く仲間を募集しています