View more

Blog

【初心者でも分かる】jQueryとは?基本から丁寧に解説!

【初心者でも分かる】jQueryとは?基本から丁寧に解説!
【初心者でも分かる】jQueryとは?基本から丁寧に解説!

フォーカスしたいもの

プログラミングを学び始めると必ず聞く言葉「jQuery」。

jQueryはエンジニアとしての幅を広げるためには抑えておくことが必須ともいえるもので、Web制作をする上ではとても便利なものです。

今回はjQueryの特徴からメリット・デメリット、基本的な書き方から学習方法までご紹介します。

あなたのWeb制作の幅を広げるために、jQueryについての知識を理解し学んでいきましょう。

jQueryを使うことで得られるメリット

jQueryはWeb制作の際に大幅な工数の削減に貢献してくれる存在です。

ここではjQueryを使うことで得られるメリットをご紹介します。

 

表示されるブラウザが違っても問題なく使える

JavaScriptを筆頭に、フロントエンド開発ではブラウザに関する問題が発生してきます。

以前までブラウザは、さほど選択肢が多くありませんでした。

しかし近年では代表的なものだけで、EdgeやGoogle Chrome、Safari、Firefoxなどがあります。

ブラウザはそれぞれエンジンが違い、ブラウザごとに見えない部分での処理が異なります。

そのためJavaScriptを用いてコードを書いたとしても、ブラウザの違いによっては処理が実行されない場合があるのです。

しかしjQueryはどんなWebブラウザでも、同一コードで処理が実行可能です。Web制作に携わる人達がこぞって、jQueryを利用するきっかけともなりました。

Ajax処理の記述が簡単

Ajaxとは非同期通信技術のひとつで、画面に表示されるHTML画面とは関係なく、JavaScriptだけでサーバー通信を行うことが可能です。

そのため、クライアントがサーバーと通信中であったとしても、ユーザーはHTMLページを操作し続けることが可能となります。

jQueryは、そのAjax処理を簡単に実行できるよう設計されているJavaScriptライブラリなのです。

HTMLのDOM操作が簡単

jQueryは、HTMLのDOM操作がとても簡単に実現可能な点に大きなメリットがあります。

DOMとはHTML部品のことを指し、そのDOM操作をするためのJavaScriptライブラリとしてjQueryが存在します。

DOM操作の具体的な例として、テキストボックス内の中身を取得したり、変更することが可能です。

他にも画面部品の表示を非表示にしたり、その逆も可能です。

jQueryは、DOM操作を簡単に行うことが可能なので、JavaScriptを使うよりはるかに簡単に動的なページを作り上げることが可能になります。

jQueryを利用することで考えられるデメリット

jQueryは、JavaScriptであれば10数行になってしまう高度な処理も、たった1~2行のコードで実装可能となります。

しかし、jQueryを用いることで発生するデメリットがあることも理解しておきましょう。

 

JavaScriptの理解が不十分になる可能性がある

jQueryは、記述が簡単で実装自体もかなり楽になるため、JavaScriptの内容が分からなくても使えてしまいます。

一見、メリットのようですが万が一、問題が発生したときにJavaScriptを理解していないと修正ができない可能性もあります。

jQueryをWeb制作に活用するのであれば、JavaScriptだとどのように記述され、処理が行われるのか、しっかりと学習を積み重ねておくことをおすすめします。

読み込みが遅くなる可能性がある

jQueryは処理を行う際ライブラリの読み込みが必要となるため、コードが短いのであればJavaScriptで記述した方が処理速度が速くなる可能性があります。

同じ処理をjQueryなしで記述した場合の処理速度を、大まかにでも理解しておくことで、使用する際にどっちを使った方が効率的なのか判断することが可能となるでしょう。

jQueryの基本的な書き方

ここでは簡単にjQueryの書き方を紹介します。

jQueryの基本的な書き方は以下のような形となります。

$(function(){

//ここにjQueryのコードを書く

 });

 

そして、基本構文は以下の形が基本形です。

$("セレクタ").メソッド("パラメータ[引数]");

 

セレクタ

セレクタには「id」やクラス、グループなどの記述が可能です。セレクタとは、CSSを利用したいHTML要素を指定するために使用するものです。

任意のHTML要素をjQueryで操作するためにセレクタは用いられます。

メソッド

メソッドは、指定したセレクタに「どんな操作をしたいのか」を書く部分です。代表的なメソッドをいくつかご紹介します。

メソッド

パラメータを追加したときの処理

.css()

指定のCSSスタイルに変更する

.html()

指定のHTMLに変更する

.remove()

指定した要素の削除

.addClass()

指定した要素にクラスを追加する

これ以外にも数多くのメソッドがあります。jQueryを学びつつ、自分が使いたいメソッドを習得し活用しましょう。

イベント処理

イベントとメソッドは、構文の中でも位置は一緒です。しかし、イベントの前に「on」を付ける必要があります。

$("セレクタ").on("イベント",引数{

});

イベントを用いると、ユーザーがWebサイトで行動を起こした際に実行する処理をパラメータで指定することが可能となります。

イベントの代表的なものをいくつかご紹介します。

イベント名

処理が実行されるタイミング

click

要素がクリックされたとき

load

ドキュメントが読み込まれたとき

resize

ウインドウサイズが変化したとき

submit

フォームが送信されたとき

イベント処理を取り入れると、Webページにより動きのあるWebサイトが出来上がります。

jQueryを初心者でも簡単に学ぶには?

前述している部分ですが、jQueryはJavaScriptを十分に理解していなくても使うことができます。

それだけに、学習コストは高くありません。

Web上にも数多くのWebサイトでjQueryの情報を提供しており、初心者であれば混乱してしまう人も少なくないでしょう。

そういった方に向いているのが、「ドットインストール」や「Progate」などの初心者向け学習サイトです。

ドットインストールでは解説を動画で行っているので、初心者でもかなり理解がしやすい学習サイトです。

Progateは、解説と実践を交互に行う形式で学習が進み、インプット後すぐにアウトプットする流れのため覚えやすいのが特徴です。

ドットインストールやProgateなどでjQueryに対して理解を深めつつ、自分がjQueryで実現したいことをWebで調べたり、書籍を購入し調べるという流れで学習を進めることで効率よく学習を進められるでしょう。


ドットインストール
Progate jQueryページ

jQueryまとめ

Web制作に携わる人のとってjQueryは欠かすことができないものです。利便性の高さから、今後も多くの開発の場面で使われることは間違いありません。

jQueryを使いこなすことができると、優れたUXをユーザーに与えられるWebサイト制作が可能になります。

Webサイトやアプリケーションが乱立している現代で、UXを意識することは必須です。

プログラミング初心者でもjQueryは、比較的簡単に学ぶことのできるものですので、是非、実際に学んで自分のWeb制作に取り入れることをおすすめします。

デパート採用情報

株式会社デパートでは一緒に働く仲間を募集しています