View more

Blog

Vue.jsとは?現役エンジニアがわかりやすく解説

Vue.jsとは?現役エンジニアがわかりやすく解説
Vue.jsとは?現役エンジニアがわかりやすく解説

フォーカスしたいもの

Vue.jsは、ユーザーインターフェースを作成するためのJavaScriptのフレームワークです。

ユーザーの動作に応じた画面の更新を、質感のあるスタイリッシュな表現で行う場合、JavaScriptのフレームワークであるVue.jsを用いることで、コードの数を減らしたり、それによるメンテナンス・管理が行いやすくなったりします。

このページでは、Vue.jsの特徴や、導入するメリットとデメリット、他のフレームワークとの違いをご紹介します。

Vue.jsとは?どういった特徴がある?

Vue.jsは、WebアプリケーションのUI部分などを開発する際に用いられるJavaScriptのフレームワークであり、開発に必要な機能がセットになったツールです。

Vue.jsを開発したのは、「エヴァン・ヨー」という名のGoogleの元エンジニアです。彼は「Angular」という別のUI用JavaScriptフレームワークを使っていましたが、「もっと効率的なフレームワークが欲しい」と考え、Vue.jsを開発しました。

Vue.jsにはさまざまな機能が用意されていますが、使い方を覚えていくと扱いが容易になり、少ない記述で実装可能となります。

Vue.jsの特徴は「双方向バインディング」を十分に実現しているところです。

双方向バインディングとは、ユーザーがデータを入力すると中のデータが変わり、中のデータが変わるとユーザーに表示されるデータも同じく変わる、というものです。

JavaScriptとVue.jsとの関係性

前述のとおり、Vue.jsはUIを主に開発するためのJavaScriptフレームワークです。

JavaScriptのライブラリとして有名なのがjQueryです。jQueryは導入も簡単で、ほとんどのフロントエンドアプリケーションで使用されています。

 

しかしjQueryには、DOM操作を自分自身で行う必要があるなどのデメリットが存在します。

そこで登場したのが、今回紹介するVue.jsやAngular、React.jsなどのJavaScriptのフレームワークです。

これらのフレームワークは、jQueryを使用する際のネックとなっていたDOM操作の自動化や、jQuery以上に効率的にフロントエンド開発が行えるように開発されました。

フレームワークとは

フレームワークとは、プログラミングにおいてアプリ開発の土台とも言える枠組みのことを指す言葉です。フレームワーク内には、構築する際によく使うであろう機能が開発済みの状態で集約されています。

 

このフレームワークを用いることで、効率的に制作が進められるのです。

フレームワークとライブラリは似た性質がありますが、明確な違いがあります。

 

  • ライブラリ…Webアプリケーションを開発する際に簡単に活用できるコードの集まり
  • フレームワーク…Webアプリケーションを開発する際、枠組みとして機能するツール

 

フレームワークとライブラリをPCに例えると、PCの仕組み・枠組みがフレームワークで、キーボードやマウス、ディスプレイなどはライブラリと考えることができます。

Vue.jsを利用するメリット

開発の際、Vue.jsを利用することで得られるメリットを5つご紹介します。

 

拡張性が高い

他のフレームワークでは、中規模以上の構築を想定しているフレームワークも存在します。

しかしVue.jsは、コンパクトかつシンプルに設計されたフレームワークです。

そのため、他のライブラリとの組み合わせのできる拡張性の高さがあり、組み合わせをすることで大規模な開発に利用することが可能となります。

SPAで開発がスムーズ

SPAは「Single Page Application(シングルページアプリケーション)」の略称で、ひとつのページを部分的に読み込み、更新することで、ページ遷移を行うことなくコンテンツを完結させているWebページのことです。

そんなSPAにも拡張性の高いVue.jsは対応可能で、SPAの制作がしやすいというメリットがあります。

データの同期がスムーズ

Vue.jsは、HTMLに特別な属性を付与することで、Javascriptのデータと同期できるようになります。

どちらかが更新されると、もう一方も勝手に更新されるため、処理も簡単になりメンテナンスコストも減らすことに繋がります。

コンポーネントを再利用できる

HTMLの一部を切り取り、その内容を簡単な記述だけで呼び出せることをコンポーネントと呼びます。

Vue.jsではそのコンポーネントが利用でき、HTMLの記述を簡単にし、管理しやすい状態で構築することが可能となります。

学習コストがあまりかからない

Vue.jsを利用する大きなメリットとして、学習効率が良いことが挙げられます。

AngularやReactなどのフレームワークと比べ、規模がコンパクトなため学習コストはそれほど高くありません。

JavaScriptやjQueryを一通り学んだ経験がある人であれば、個人差はあると思いますが、1冊の書籍を購入し、Webサイトや動画コンテンツで学びを深めていくと、1週間前後の勉強で開発に用いることが可能となるでしょう。

Vue.jsのデメリット

もちろんVue.jsを導入することで発生するデメリットも理解しておく必要があります。

以下の2点は、致命的なデメリットとまでは言えませんが、知っておくことでVue.jsの活用の幅を理解することに繋がるでしょう。

 

ネイティブアプリがまだ発展途上

Vue.jsはネイティブアプリとしてweexが用意されていますが、weexはまだ発展途上のアプリです。

Vue.jsを使う時にweexを使うことはほとんどないので気にしなくも問題はありませんが、ネイティブアプリの開発が他のフレームワークより活発ではない点は少し不安を感じる部分です。

大規模開発にはあまり向いていない

Vue.jsはさまざまなサービス・アプリケーション開発に使いやすいフレームワークですが、大規模開発にはあまり向いていません。

前述のとおり、他のライブラリと組み合わせることで大規模開発にも利用可能ですが、基本的にはVue.jsは小規模な開発に向いているフレームワークです。

大規模開発が目的であればAngularやReactの活用が望ましいとされています。

Vue.jsを導入している有名なサービスや会社

Vue.jsの人気は凄まじく、いくつもの大手企業が利用し始めています。

 

Google

Googleの人材募集ページにVue.jsが利用されています。

https://careers.google.com/jobs/results/

Apple

Appleは、SwiftUIのチュートリアルでVue.jsを利用しています。

https://developer.apple.com/tutorials/swiftui

Nintendo

ニンテンドーは、自社のロイヤリティプログラム「My Nintendo」にてVue.jsを利用しています。

https://my.nintendo.com/

Vue.jsを他のフレームワークと比較

Vue.jsと比較されやすいフレームワークとして、ReactとAngularJSがあります。

これらのフレームワークには似ている部分がいくつか存在します。

  • 仮想DOMの活用
  • コンポーネントが使える
  • リアクティブシステム
  • 比較的軽量なコアライブラリ

この3つのフレームワークは、同様の特徴があることから比較されやすい存在です。

しかし、Vue.jsは後発のフレームワークのためか、いいとこ取りのような印象があり、目立った欠点がありません

ReactとAngularJSの特徴を以下で簡単に紹介します。

 

React.js

Reactは、JavaScriptとHTMLを合わせたような形の独特の記法で、少しとっつきにくい部分があります。

自由度は記述の特殊さもあってか、どのフレームワークより柔軟です。しかし、ガイドラインは厳密に決められています。

カスタマイズ性の高さや、複雑な条件の組み込みが可能なため、大規模開発に向いているフレームワークです。

AngularJS (Angular 1)

AngularJSは、型の指定を厳密にしたJavaScriptの発展形です。

Vue.jsやReactの2つよりリリースが古く、他のフレームワークのどれよりも厳格な構造をしています。

Googleが開発・提供しているオープンソースのフレームワークで、他のフレームワークよりリリースされたのが古いものの、開発に必要な機能が全て揃っているため、今でもシステム開発に使用している企業やエンジニアが存在します。

他のフレームワークと比較してもコードの記述用が少なく、扱いやすいのが特徴です。

jQuery

jQueryは、JavaScriptのライブラリとして知らない人はいないほどの存在です。しかし、効率の観点からVue.jsに乗り換える人が増加傾向にあります。

jQueryはライブラリであるため、JavaScriptの記述を簡素化できるだけで、フレームワークとは大きな違いがあります。

jQueryは定義がされておらず、開発者がそれぞれ好きに実装可能なため、安定感のないUIが出来上がりやすいというデメリットがあるのです。

Riot.js

Riot.jsは、Vue.jsと共通した部分が多く、UIも似た部分がとても多いのが特徴です。Vue.jsにも負けないほど軽量であり、学習コストもあまりかからないため安定した人気を誇っています。

Riot.jsも実はフレームワークではなくライブラリですが、ライブラリという概念以上にさまざまなことができる優れものなのです。

しかしRiot.jsにも弱みがあり、公式サポートが充実していない点が挙げられます。その分、コミュニティサポートが賑わっている印象です。

Hyperapp

Hyperappは、React.jsやVue.jsと比較して、とても軽量でスピーディーに動作するフレームワークです。

小規模サービスの制作には向いていますが、中~大規模な開発にはあまり向いていません。

また、日本語情報もまだ多くなく、導入事例も少ないため、学習することのコストパフォーマンスはあまりよくありません。

Ember

Emberは、設計思想が強いフレームワークです。使いこなすことができ来れば生産性のかなり高い開発が行えますが、それ相応の学習コストが必要となります。

大規模サイトの開発を行う機会があるのなら、Emberをじっくりと学び取り組んでいけばコストパフォーマンスはきっと上がるでしょう。

Knockout

Knockoutは、MVVMと呼ばれるソフトウェアアーキテクチャを用いたフレームワークです。

同じくMVVMを採用しているVue.jsと同様、機能がシンプルなのが特徴です。

しかし開発状況が遅れており、Knockoutを実際に使ってみると、動作のぎこちない印象から古さを感じてしまいます。

新規で学習するのであれば、Vue.jsを学んだ方が学習コストが低く、自由度が高いため、Knockoutを学ぶのはあまりおすすめできません。

Vue.jsの勉強方法

Vue.jsに興味が湧いて勉強したいと思った人に向けて、そんな人に向けた4つの勉強方法をご紹介します。

 

本から学ぶ

プログラミングを学び始めると、必ずと言っていいレベルで「何が何だか分からない」「これはどこかで見たような気がする」という瞬間が訪れます。

そんな時に手元に本を置いておけば、瞬時に参照できます。

Webの情報や動画などと並行して活用すれば、より早く学びを深めることが可能となるでしょう。

動画で学ぶ

動画で学ぶ場合、実際に画面上でコードを書いている様子を見ながら学ぶことが可能です。

YouTubeなどの無料動画コンテンツでも良いですが、体系的に学ぶのであれば有料の動画コンテンツなどを購入するのもおすすめです。

学習サイト・アプリで学ぶ

本や動画だけで学びを深めるより、やはり実際にコードを書きながら覚えていくのが最もスピーディーな勉強方法ではないでしょうか。

Vue.jsは公式サイトでも学習がしやすくなっており、順番通りに進めていけるようコンテンツも整理されているためおすすめです。

もしHTMLやCSSが分からない状態であれば、Progateなどの学習サイトやアプリであればゼロから学ぶことができます。

Vue.js公式サイト

Progate

アプリを自分で作って見る

実際にVue.jsを用いてアプリケーションを作ってみるのが、一番早く身につく勉強方法です。

他のプログラミング言語であっても、実際にWebサイトやサービスを作ってみた時に、悩みながら手を動かしたことで覚えたことも多いのではないでしょうか。

 

小規模でも良いので、Vue.jsを使ってアプリケーションを作ってみましょう。途中でよく分からなくなったら、動画コンテンツや書籍などからヒントを得て手を動かしていけば、加速度的に学びが深まることでしょう。

Vue.jsまとめ

Vue.jsは、学習コストが低くとても簡単に開発に使うことのできるフレームワークです。

高い人気を誇るため、触ったことのない人は、一度使ってみることをおすすめします。

JavaScriptを使って開発を行うよりも、Vue.jsなどのフレームワークを用いた方が、効率的に開発ができメンテナンスも容易となります。

Vue.jsはとても人気のあるフレームワークです。

一度学んでおくことで、必ずあなたのスキルアップに繋がることでしょう。

デパート採用情報

株式会社デパートでは一緒に働く仲間を募集しています