View more

Blog

Webサイトをリニューアルする目的とは?手順や業者選びのポイントも解説

Webサイトをリニューアルする目的とは?手順や業者選びのポイントも解説
自社Webサイトに対してどのような改善を行えばよいか見当がつかないとお悩みの方もいるでしょう。Webサイトをリニューアルする際は具体的な目的を決め、それに沿った改善を適切な手順で行う必要があります。本記事では、目的や手順、制作を依頼する業者を選ぶ際のポイントなどを紹介します。
Webサイトをリニューアルする目的とは?手順や業者選びのポイントも解説

Webサイトをリニューアルする目的

Webサイトをリニューアルする目的は、単にサイトを見やすくするためだけではありません。ここでは、リニューアルの主な目的を5つ紹介します。目的から何を改善するべきかを把握し、自社のWebサイトの改善にお役立てください。

 

自社のブランディング向上のため

自社のイメージ・ブランディングに沿ったデザイン・内容のWebサイトにリニューアルすることで統一感を図れます。ブランドイメージとWebサイトのデザインをマッチさせることで、ユーザーの興味を惹きつけるとともに、イメージとのズレをなくすことで離脱を防ぎます。

もし、企業イメージやブランドイメージを変更するときはWebサイトもあわせて改善が必要です。

自社のWebサイト運用を効率化するため

コンテンツの更新をスムーズに進められるようにするためには、Webサイトのリニューアルが欠かせません。使い勝手の悪いWebサイトのままだと、更新が滞ってしまうリスクがあります。

古い情報がトップに掲載されたままでは、ユーザーに情報の信憑性を疑われてしまうでしょう。企業としての信頼性を失うことにつながりかねないため、リニューアルによる効率化が大切です。

デザインの古いWebサイトを刷新するため

Webサイトのデザインが古いままでは、現代のターゲット層にマッチせず離脱が増えてしまう可能性があります。また、古いデザインのまま使用していると、まだ事業活動している会社なのかユーザーが判断できません。ユーザーがサービスについて問い合わせをしようと考えたとき、活動していないと思い込み問い合わせを止めてしまう可能性もあるでしょう。ビジネスの機会損失をなくすためにもWebサイトの刷新が必要です。

また、Webサイトを刷新することでユーザーがコンテンツに興味を持ち、直帰率が減ると検索エンジンからの評価向上にもつながるでしょう。

Webユーザビリティを改善してアクセスを増やすため

古いWebサイトで構造が複雑なままだと、ユーザーが目的のページにたどり着けなくなるおそれがあります。ユーザーが目的を果たす前に離脱が生じてしまうでしょう。重要な情報を必要としている人に確実に届けられるようにすることでアクセスが増え、企業の認知度向上にも役立つと考えられます。

スマートフォンから閲覧しやすくするため

古いWebサイトのままだとスマートフォンからの閲覧に対応していない場合があります。PCサイトからの表示が整っているから問題ないと思っていても、スマートフォンからでは文字や画像の配置などレイアウトがズレて閲覧しづらいというサイトは多くあります。

現代ではスキマ時間で情報を探す際に、PCではなくスマートフォンで検索をかける、Webサイトを閲覧するなどの機会が多いでしょう。スマートフォンからの視認性をよくするためにも、リニューアルが必要です。

Webサイトをリニューアルする際の手順

ここではスムーズに作業を進めていくための手順を紹介します。ただ見た目を改善するだけではなく、事前に目的を明確にして、必要な機能の追加やコンテンツ内容の決定などを行う必要があります。

 

1.自社マーケティングの全体像を把握する

まずは自社マーケティングの全体像を把握しましょう。Webサイトのリニューアルは手段であり目的ではないため、Webサイトの立ち位置を明確化することが重要です。

施策を一覧にして分析を行い、問題点を洗い出します。優先順位を決めて整理していく際に全体像を把握しておくと、マーケティング全体の中での優先度を検討できるでしょう。

2.Webサイトの目的やターゲットを決める

全体像が把握できたら、Webサイトの目的やターゲットを決めましょう。どのような改善が必要かを把握するためにも、リニューアルによって得たい効果を明確にしておくことが大切です。またターゲット層を決めておくと、サイトの仕様やデザインを決める際に役立ちます。

3.リニューアルを依頼するWeb制作会社を選ぶ

Webサイトをリニューアルする目的やターゲット層が定まったら、目的やターゲットに合ったWebサイト制作が行える業者を探しましょう。最初から一つの業者に絞らず、コンペ形式で決める方法もあります。依頼業者を探す際は、Webサイト制作会社によって得意なこと不得意なことはさまざまと理解しておきましょう。そのため、制作費用だけではなく実績やサービスの内容も必ず確認することが大切です。

4.サイトの構成やコンテンツの内容を決める

実際にリニューアルを行いWebサイトを作り変えていくにあたって、サイトマップを設計します。サイト構造の全体像を理解するためにも必ず作成して、実際の構造を把握しましょう。その後、目的に沿ったサイトの構成やコンテンツの内容を決めていきます。自社サービスに合わせたコンテンツ内容を考えましょう。

5.Webサイトのデザインを決める

Webサイトはターゲットに合わせたデザインを設計することが大切です。たとえば、ターゲットが女性であれば暖色を使って柔らかい印象にする、高齢者がターゲットであれば文字を大きくするなど、閲覧してほしいユーザー層に合わせた工夫をしましょう。

6.運用の担当者や流れを確認する

長期的な運用を見据えて、Webサイトのリニューアルが完了した後の運用を誰が行うか決めておきましょう。運用において更新していくコンテンツの内容も、あらためて確認します。頻度やコンテンツのボリュームなども具体的に決めておくと、スムーズに運用できるでしょう。

7.運用を開始して継続的に更新する

運用開始後は継続的に更新することが大切です。更新が滞ると情報が古くなり、ユーザーにとって必要な情報が提供できません。継続的にコンテンツを追加する、古いコンテンツの情報を更新するなどを行いましょう。アクセス状況を見ながら、コンテンツ内容を変更していくことも大切です。

Webサイトのリニューアルを依頼する業者選びのポイント

ここでは、Webサイトをリニューアルする際に制作を依頼する業者の選び方を紹介します。業者を選ぶ際は制作スキルだけではなく、WebマーケティングやSEO対策に関する知見やサポート体制などもチェックしましょう。

 

Webマーケティングへの知見があるか

WebサイトのリニューアルはWebサイトを有効活用するために行います。目的に合わせて作られるため、制作時にはWebマーケティングの知識が必要です。どれほどデザインがよくても目的に沿っていない場合、予定していた結果が見込めない可能性があります。

SEO対策に関する知見があるか

Webサイトのリニューアルを行う際は、Googleの年に数回行われるアップデートに対応したSEO対策に関する知識のある業者を選びましょう。現在では、SEO対策をしていないWebサイトのほうが少ないといえます。そのため、最新の情報に精通していないと効果的な改善が行えません。Webサイトをリニューアルして集客を図る際は、SEO対策への知見があるかどうかも大切なチェックポイントです。

セキュリティ対策やサポートが充実しているか

企業のWebサイトには有益な情報が詰まっているため、サイバー攻撃を受ける可能性はゼロではありません。そのため、サイバー攻撃に備えてセキュリティ対策を行う必要があります。リニューアル後にトラブルが発生する可能性もあるため、制作後のサポート体制が充実しているかも業者を選ぶ際は大切な要素です。各企業が具体的にどのようなフォローを行っているか、事前に確認しましょう。

まとめ

本記事では、Webサイトをリニューアルするにあたっての目的や手順、業者選びのポイントなどを紹介しました。Webサイトのリニューアルはただ見やすくきれいにするだけではなく、目的を持って行うことが大切です。また業者を選ぶ際は、企業の目的を達成するためにもWeb制作に関する知識だけではなく、WebマーケティングやSEO対策、セキュリティ対策などへの知見も持ち合わせているか確認する必要があります。

株式会社デパートではWebサイトの構築やリニューアルの依頼を承っています。Webサイトの運用・運営やオウンドメディア立ち上げ・改善支援等も行っており、WebマーケティングやSEO対策を踏まえたうえでの改善が可能です。目的に合わせたデザインを採用し、効果的なWebサイト作りを支援します。Webサイトのリニューアルをとおして自社のブランディングを行いたいと考えている方は、お気軽にご相談ください。

 

 

Webマーケティング、Web制作に関することなら
お気軽にご相談ください

 

 

デパート採用情報

株式会社デパートでは一緒に働く仲間を募集しています