View more

Blog

Webサイトを制作する方法は主に3つ!制作するメリットやデメリットも紹介

Webサイトを制作する方法は主に3つ!制作するメリットやデメリットも紹介
インターネットが普及した現代において、企業の情報をユーザーに提供するWebサイトは欠かせない情報源です。しかし、自社にWebサイトが必要か迷っている企業も多くあるでしょう。本記事では、Webサイトの制作方法からメリット・デメリットを紹介します。自社のWebサイト制作を実施するかお悩みの方は、メリット・デメリットを確認して制作の必要性があるかを判断しましょう。
Webサイトを制作する方法は主に3つ!制作するメリットやデメリットも紹介

Webサイトを制作する前に知っておきたいこと

企業がWebサイトを制作するにあたって知っておきたい知識を紹介します。基本的な知識を身に付けておくことで、Web制作を進める際の打ち合わせでもスムーズにやり取りを進められるでしょう。

 

Webサイトとホームページの違い

Webサイトとは、企業サイトや採用サイト、ECサイト、LPなど、サイトそのものを指します。一方で、ホームページはWebサイトの中でもトップページを指しています。ホームページは通常ブラウザを立ち上げたときの最初のページやホーム画面など、ページ単体を指す言葉です。しかし、日本ではWebサイトとホームページが同様の意味で使われている場面も多くあります。

Webサイトの種類

Webサイトとひと口にいっても、その種類はさまざまです。たとえば、企業サイトや採用サイト、ECサイト、LP、オウンドメディアなどがあります。

企業サイトとはコーポレートサイトともいい、企業の基本的な情報を掲載してどのような取り組みを行っている企業なのかを外部に示すためのWebサイトです。取引先企業や株主、就職希望者などさまざまなユーザーをターゲットとしており、会社の概要や提供している商品やサービス、IR情報、採用情報など多くの企業情報を掲載しています。

採用サイトとは求職者に向けて企業の新卒・中途採用情報を発信しているWebサイトです。外部の企業が運営する求人情報ページとは異なり、独自のプラットフォームで運営しているため代表者や社員のコメントや企業のイベント情報など、求職者に向けてさまざまなコンテンツを発信している特徴があります。

ECサイトとはインターネット上で商品やサービスを販売するためのWebサイトです。インターネットの急速な普及により、現代ではPCやスマートフォンで買い物を行うユーザーが増えており、モール型ECサイトや自社独自のECサイトなどさまざまな形での出店が増えています。

Webサイトを制作する方法は主に3つ

自社のWebサイトを制作する方法は主に3つあります。1つ目は自社ですべて制作を行う方法、2つ目はツールやソフトを利用して簡易的に制作する方法、3つ目は外部のWeb制作会社に委託する方法です。ここでは各制作方法の特徴を紹介します。

 

1.ゼロから自分で制作する

Webサイトを制作して運用を開始した後、運用や改善などを内製化したいと考えている場合は自社内でゼロから制作するのもおすすめです。制作時にはHTMLやCSSなどのプログラミング言語やサイトの構造、仕組みを理解する必要があります。プログラミングの知識をつけておくと応用をきかせて柔軟なWebサイト制作が行えます。

ツールやソフトを利用すれば簡単にWebサイトを制作できますが、プログラミングに関する知識やスキルなどのノウハウが自社内に身に付きません。長期的にみて内製化を図っていく場合は、知識やノウハウを蓄積する目的もかねて自分たちでプログラミングをし、Webサイトを制作するのもよいでしょう。

2.ツールやソフトを利用して制作する

CMSやサイト作成ツールを利用すると、プログラミングの知識がなくてもWebサイトの制作が可能です。コーディング不要の作成ツールもあるため、自社内制作でも実行しやすい方法といえます。Web制作会社に依頼する外注費の削減が可能な点もメリットの一つです。

また、ツールでもある程度のカスタマイズができます。自社内にプログラミングの知見を持っている人材がいなくてもWebサイトを制作できるのが大きな魅力です。

3.専門のWebサイト制作会社に依頼する

Web制作を専門とする会社に外注すると、スピーディーかつクオリティの高いサイト制作が可能です。Web制作のプロがプログラミングを行い構築するため、柔軟にカスタマイズできるでしょう。また、今の時代に欠かせないスマートフォンでの表示も最適化してもらえます。ただし、制作費用がかかるため、事前に予算とWebサイトのイメージをある程度決めてから依頼する会社を探しましょう。

自社のWebサイトを制作するメリット

ここでは自社のWebサイトを制作するメリットや期待できる効果を紹介します。Webサイトを制作すると、信頼性や認知度向上などの効果が期待できるでしょう。

 

企業の信頼性がアップする

Webサイトを制作しておくと、会社名を目にして気になったユーザーがインターネットで検索をかけたときに、企業の情報をすぐに確認できます。Webサイトに企業の情報を掲載すると、ユーザーが実在している会社だと認識できるでしょう。企業の情報が確認できると安心感が生まれます。また、スタッフの紹介や社員のスケジュール紹介などを行うことで採用にも役立てられます。

マーケティングや集客に役立つ

制作したWebサイトを利用して製品やサービスの宣伝を行えば、集客につなげられます。また、Webサイトを訪れたユーザーのアクセス解析を行うことで、今後のマーケティングにも役立てられるでしょう。どのようなユーザーがどの商品やサービスに興味を持っているかを知るためにも役立ち、サービスや製品の需要を知ることにもつながります。

情報を全国に発信できる

Webサイトはインターネット上に存在しているため、全国どこからでもアクセス可能です。つまり、会社自体は東京にあっても、さまざまな地域の人に会社を知ってもらえる可能性があります。これまで関わりを持つ機会がなかった地域やターゲット層にも、アプローチできる魅力がWebサイトにはあります。また、全国各地誰でもアクセスできるため、潜在顧客の発掘にも役立つでしょう。

自社のWebサイトを制作するデメリット

ここでは自社のWebサイトを制作する際に生じるであろうデメリットを紹介します。デメリットを把握して、計画的に事前準備を進めましょう。

 

初期費用や運用コストがかかる

Webサイトを制作するためには初期費用がかかります。また、外注を利用するとより大きなコストが生じます。ページ数を増やすことや、Webサイトのデザインに凝るとさらに費用が増加するでしょう。Webサイトは制作費だけではなく、運用コストも発生します。設計にこだわりすぎると運用時の負担が増加するため注意が必要です。

Webサイトを制作する際は事前に予算を決めましょう。そして、予算内で実現可能な制作方法を検討し、目的に合ったWebサイト制作を進めることをおすすめします。

運用にあたって専門知識が必要

Webサイトは運用時にも専門知識が必要となる場合があります。Webサイト制作時にはプログラミングに関する専門知識が必要ですが、外注やツール・ソフトを利用すると解決可能です。しかし、Webサイトを運用していくにあたっても、制作時ほどではありませんが専門的な知識が必要です。外注でもツール・ソフトを利用せず作った場合、運用してコンテンツを更新するにあたって、編集に関する知識が必要となるため注意しましょう。

まとめ

Webサイトを制作する方法を3つ紹介しました。1つ目は自社内でゼロからプログラミング言語を使用して構築する方法、2つ目はツールやソフトを使用してプログラミング言語を使用せず作成する方法、3つ目は外部のWeb制作会社に依頼する方法です。自社のWebサイトはインターネット上の企業の顔になるサイトです。簡単にWebサイトを作れる時代ではありますが、ただ作って終わりにするのではなく、必要な機能を盛り込み、長期的な運用が可能な構造にするのが良いでしょう。

 

Webサイトの制作を外部に委託するなら、株式会社デパートまでご相談ください。見た目のデザインだけではなく課題解決を図るために調査、企画、分析を行いWebサイトの構築を進めていきます。自社のWebサイトは企業の情報を提供するために欠かせないサイトです。さまざまな目的に合わせて最適なWebサイトの設計とデザインを行いますので、まずは一度お問い合わせください。

 

 

Webマーケティング、Web制作に関することなら
お気軽にご相談ください

 

 

デパート採用情報

株式会社デパートでは一緒に働く仲間を募集しています