View more

Blog

Webインテグレーションとは?効果やどのようなことをするのか徹底解説!

Webインテグレーションとは?効果やどのようなことをするのか徹底解説!
自社のWebサイトを見返して、情報やデータがバラバラで、作業効率が悪いと感じている方もいるのではないでしょうか。たとえば、売上データが会計システムと在庫管理システムで異なる場合、データをスムーズに共有できず、ミスにつながりかねません。 「アプリとデータベースを統合したい」「SNSとメールサービスを連携したい」など、Webサイトを刷新したいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 この記事では、Webサイトの悩みを解決するWebインテグレーションについて紹介します。また、Webサイト制作会社で受けられるサービスについてもご覧いただけますので、参考にしてください。
Webインテグレーションとは?効果やどのようなことをするのか徹底解説!

Webインテグレーションとは?

インテグレーションとは、統合や一体化を意味する言葉です。

異なるシステムや情報を相互に連携させ、仕事の効率化を図る目的で、Webサイトでは、Webインテグレーションの手法が用いられます。

WebサイトとSNS・メールなどのサービスを連携させ、顧客に購入行動を起こさせるといったものが、よくみられるWebインテグレーションの例です。

Webインテグレーションを実現するには、アプリ・APIの選択やサイトの品質・効果を検証するなどの手順が必要です。

全工程を代行する会社も多数存在するため、利用してみてはいかがでしょうか。

Webインテグレーションの効果

Webインテグレーションに期待できるのは、複数メディアを連携させて得られる「Webクロス効果」や「Web相乗効果」などです。

また、メディアを見込み顧客に適合させる「Webセグメント効果」も期待できます。

ここでは、それぞれの効果について紹介します。

 

Webクロス効果

テレビCMで「続きはWebで」「〇〇で検索」といった広告をみたことはありませんか。この手法は、「Webクロス効果」と呼ばれ、顧客をCMからWebへ誘導する手法です。

複数の媒体を使って、購入意欲を高める効果が期待できます。

Webやその他のメディアを利用すれば、CMでは伝えきれない大量の情報が掲載でき、より顧客への魅力的なアプローチが可能です。

顧客に商品の値段や購入方法が伝わるのはもちろん、具体的な使用方法なども伝えられます。

Web相乗効果

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など、世の中にはたくさんのメディアが存在し、それぞれの長所を有効利用するのが、「Web相乗効果」です。

たとえば、新聞や雑誌の広告にQRコードを掲載し、Webサイトに誘導したり、集客力の高いSNSを利用してWebサイトのアクセスアップを図ったりといった方法があります。

狙う顧客の年齢層や地域ごとにメディアを選別し、Webサイトと組み合わせれば、即効性のある効果が期待できます。

Webセグメント効果

セグメントには、分ける・分割するといった意味があります。マーケティングにおいては、年齢・性別・地域などで顧客を分割するのが一般的で、セグメントの設定をセグメンテーションとも呼びます。

セグメンテーションの目的は、見込み客の細分化と最適なアプローチをすることです。

ある条件で分割された顧客は、特定のサイトに集まる傾向にあるため、広告の効果を高めるためにも、セグメンテーションは欠かせません。

Webインテグレーション事業で受けられるサービス

Webインテグレーションを自社サイトで実施するために、業者のサービスを受けようと考えている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、Webインテグレーションを提供しているWebサイト制作会社で受けられるサービスについて紹介します。

 

Webコンサルティング

Webインテグレーションを実施するには、自社のサイトやアプリの課題を明確にする必要があります。Webコンサルティングは、サイトの最適化には欠かせないものといえます。

顧客理解

顧客の視点に立って、自社サイトを分析するのは重要です。「なぜ商品を購入したのか」「他に迷った商品はあったのか」などを理解すれば、顧客の継続的な利用が期待できると考えられます。

Webコンサルティングでは、顧客視点に立った分析サポートが受けられ、顧客が自覚しているニーズを明確にできるのはもちろん、潜在的なニーズを知るきっかけになるかもしれません。

顧客に役立つ商品の提供ができれば、SNSなどで情報の拡散が期待でき、売上アップにつながるはずです。

データ活用基盤構築

データの分析をする際、必要な情報をタイムリーに取り出すためのデータ処理システムを、データ活用基盤といいます。

データ活用基盤は、データ収集や保管の役割を担い、複数のシステムで構築されています。

「各部署のデータを統合管理したい」「形式の異なるデータを連携させたい」などの問題を解決するためには必要なシステムで、取り扱うデータが大量になるほど、データ活用基盤の構築と整備は必須です。

調査・分析

顧客が商品やサービスを知ってから購入や契約に至るまでの、いわゆるカスタマージャーニーに合わせたサイト設計が必須です。

どのような顧客がどのような目的で自社サイトに集まるかの調査・分析を行うのもWebコンサルティングの大切な役割といえるでしょう。

また、WebサイトのSEO設計やソーシャルメディアとの連携も考慮し、サイトの集客力アップにつながるサポートに期待ができます。

WEBサイト・アプリ構築

顧客の動向やサイトの調査・分析が終われば、いよいよWebサイトやアプリの構築をします。

顧客にとって魅力的で、品質の高いサイトやアプリが求められます。

設計

Webサイトやアプリの設計では、具体的にどのようなコンテンツを掲載するかを考えます。

マーケティングの成果を上げるためにも、まずはしっかりとした土台作りをしなければなりません。

顧客が回遊しやすい構造に設計し、顧客からもGoogleなどの検索サイトからも評価されるようなWebサイト・アプリを目指しましょう。

サイトやアプリの運営方針やコンテンツに一貫性が見いだせれば、コンセプトにブレが生じず、顧客からの信頼も高まるはずです。

デザイン・実装

Webサイトやアプリは、企業やサービスが大切にしている文化や伝統を重視したデザインが継承されるべきです。高いデザイン性を求めるあまり、品質が損なわれたり、理解されなかったりしては意味がありません。

また、新しい技術は、サイトの利便性を高めるために必要です。

しかし、技術の高さをひけらかすのではなく、本質的に意味のある実装が求められます。

システム開発

システム開発では、自社の経営戦略に基づいた設計を行い、顧客にとって快適なWebサイトやアプリの仕組みの構築が必要と考えられます。

セキュリティを万全にするのはもちろん、Webサイトとアプリの連動や、コミュニティとの連携など、思いどおりのサイト運営が可能です。

また、Webサイトの構築には、どのCMSを使用すれば良いのかわからないと悩む方も少なくありません。

CMSの提案・導入・運用に関しても、Webサイト制作会社のサポートを受ければ安心です。

運用・支援

業務改善をする際、多くの企業で取り入れているのが、PDCAサイクルです。

PDCAとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の頭文字をとったフレームワークをいいます。

Webサイトで集客し、成果を上げるためには、コンテンツの見直しは欠かせません。

PDCAサイクルを回し、常に目標を数値化して、「実現するためにはどのように行動すれば良いのか」「改善点はどこなのか」を熟考して顧客が集まるサイト設計を目指しましょう。

難しいと感じる場合は、Webコンサルティングを利用してみてはいかがでしょうか。

Web業界の市場規模

Web業界の市場規模は、拡大の一途を辿っています。

今後も、ホームページのサイト運営をはじめ、コンテンツ制作・決済代行業務など、さまざまなサービスが展開されるでしょう。

今後は、社内で担当する仕事とエンジニアを兼ねるといった運営は難しいかもしれません。

そこで、注目したいのが、Webサイト制作会社のサービスの利用です。サイト運営に必要な知識を持ったプロに依頼すれば、企業が抱えるIT人材不足問題にも対応できるでしょう。

まとめ

自社商品を販売するには、Webサイトやアプリといったツールは欠かせません。

しかし、データが統合されていなかったり、コミュニケーションツールとの連携が完結していなかったりと効率の悪さを感じている方は多いはずです。そこで、悩みを解決する方法としてWebインテグレーションがあります。インテグレーションとは、英語で統合・統一の意味を持ち、Webサイトの運営の健全化には必須の策です。

 

自社で開発やエンジニアの確保が難しい場合は、ぜひデパートへご相談ください。

株式会社デパートでは、中小規模のサービス開発からエンタープライズの基幹システム開発まで、さまざまな実績を持つプロジェクトマネージャーを中心に、Webサービスの設計から開発、運用保守まで幅広く対応させていただいております。

また、当記事でご紹介したWebインテグレーションの取り組みにご興味がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

Webマーケティング、Web制作に関することなら
お気軽にご相談ください

 

 

デパート採用情報

株式会社デパートでは一緒に働く仲間を募集しています